ブランド物はなぜあんなに高いのかと疑問に思うこともありますが、それは自分のポジションを表す道具だからです。

バンコク市内でブランド品を買うとき


バンコク市内でブランド品を買うとき

高いブランド物を買う人の心理

男性も女性も、誰にでもひとつくらいは「このブランドが好き」というものがあるのではないでしょうか。私も、若い女性に人気のファッションブランドが好きで、コツコツとお金を貯めてはそこで財布やバッグ、ステーショナリーを買い求めています。私が若い女性かという問題はさておき、かわいい店内でキュートな物たちをじっくり眺めて、今日はどの子を連れて帰ろうかと考えるのはとても楽しいことです。その様子を見て主人は半ばあきれていますが、そんな彼にも譲れないブーツ屋さんがあるのです。

同じようなバッグで、使われている材質もほぼ同じなのにお値段が10倍も違うのに、なぜそうまでして皆同じようなものを持ちたがるのか、と疑問に思う人も少なくないでしょう。しかし、私が考えるところでは、そのバッグが欲しいから、という単純な理由よりも、そこのブランドで買い物ができる自分の財力やステータスを買っていると思うのです。人は初対面の人と会った時に無意識に、相手がどんなひとなのかということを探ろうとしますね。それは性格や趣味、そして仕事や経済力、家族構成、様々なことを一瞬にして考えるものです。その時に、持ち物で相手に正しい情報を受け取ってもらうことは後々の関係を築いていくうえで重要なことになると思います。