タイでブランド品を買うときは、空港の免税店でなくてもできます。養子をもらえるので空港に持っていくだけです。

バンコク市内でブランド品を買うとき


バンコク市内でブランド品を買うとき

バンコク市内でブランド品を買うとき

海外でブランド品を買うときは、免税店で買うのが一番ですが、タイでは免税店で買わなくても、ちゃんとしたお店であれば免税用の用紙をくれて、空港で税金が返ってくるシステムがあります。デパートやスーパーでいくらバーツ以上買い物をした人は、きいろい用紙をもらうことができます。それを空港にもって行き、チェックインをするまえに、免税専用のカウンターでスタンプをもらてから、パスポートコントロールを通過した後に、税金返却のカウンター(vatrefund)で7パーセント分が返ってきます。それを考えると、タイ国内であれば、日本に持って帰る用にいいものを見つけたところで買い物ができてとても便利だと思います。また、バンコクのスワンナプーム国際空港はほんとうに大きな空港で、免税店がたくさん入っています。

市内でブランド品を買うのなら、バンコクが一番おススメの場所です。サイアムやプロンポンなど、大型のデパートがたくさんあり、最近では高級ブランド品のショップだけの施設も新しく建設され、その一番上にある映画館は、タイ国内で一番ハイクラスの映画館になっています。全ての席が個室のようになっており、ベッドになっているシアターもあります。この施設のブランド品のショップの店員は、英語はもちろん日本語を話すこともできるスタッフが多くいます。一番下の階にあるスーパー兼フードコートには、オーガニックの穀物や、シーズニングなどもたくさんそろっています。エンポリアムという大型デパートの向かいにもまた新しい施設が建設されている途中で、今後どんどんブランドの店が増えていくと思います。